TOP
代表的な在留資格 国際結婚 オーバーステイについて 更新時の添付書類 短期滞在について
日本国籍の取得 国際相続 外国人雇用と在留資格 外国人と会社設立 国際交流の在留資格
国際養子縁組 国際離婚 外国人留学生の卒業後の在留資格 外国人雇用コンサルタント
メールマガジン 仕事の依頼&自己紹介 ホームページからの受託実績 ネットで知り合う国際結婚
リンク Q&A 外国人研修生 介護業界の外国人受け入れ
お問い合わせ お客様の声 日本人配偶者等申請マニュアル ベトナム人との結婚
渉外戸籍 外国人社長・役員

−ベトナム人との国際結婚と在留資格(ビザ)の手続き−

アクセスされた皆様へ
日本人とベトナム人の結婚方法は、色々な情報が錯そうしていることは、
ネットで調べられているでしょうから、ご理解できると思います。

又、日本国内の役所によって、対応が違うことがあり、
これが正しいやり方!が無いのです。

(1)本人が、滞在中に、日本国内で結婚する方法ですが、
ベトナム本国官憲の婚姻要件具備証明書

ベトナム大使館発行の婚姻要件具備証明書
発行が必要です。

それで、どちらが良いのか?どちらでも良いのか?の判断は、
婚姻届を提出する市区町村役場戸籍課の判断になりますので、
婚姻届けを提出する予定の市区町村役場戸籍課へ行って、
確認したする方が良いです。 (私なら、そうします)

どちらでも良い、という話になれば、両方を検討します。

まず、ベトナム本国官憲の婚姻要件具備証明書であれば、
ご本人が、日本に滞在していれば、上記のベトナム本国官憲の婚姻要件具備証明書が、
入手できるか、どうか?ですが、
本人が、親族を経由するなりして、問い合わせするしかないです。

日本国内のベトナム大使館発行の婚姻要件具備証明書であれば、
大使館のホームページの内容を確認します。
(ただし、短期滞在での在留中のベトナム人は、要注意!)
http://www.vnembassy-jp.org/ja
(領事業務 をクリック)

・日本在住の役所から発行してもらう結婚登録書に
自分の名前が記載されていない証明書
→お相手が住民登録している市区町村役場で確認してください。

・出国前に当事者在住の町村級の人民委員会から発行してもらう婚姻状況確認書の原本
(規定証明書通りに、
結婚のための目的、結婚相手の氏名、旅券番号、国籍、婚姻届予定場所の名前等を明白
に記入して、6月以下の効力を持つもの)

→お相手が持参していなければ、ベトナム大使館で確認してください
「外国で移動、留学、就職中であれば、
その国にあるベトナム在外公館から自分の婚姻状況確認書を発行してもらわなければ
なりません。」
の記載が、大使館のウェブサイトにあります。

どちらかが可能であれば、その方法で進めます。

(2) どちらも不可能であれば、いったんあきらめ、本人は帰国し、
(2)-1 ベトナム本国で婚姻手続きをする。
(2)-2 ベトナムで挙式するも、法律上の婚姻手続きは、日本が先、その後ベトナム。

(2)-1 ベトナムで結婚する場合
下記に関しては、お相手を通じて、確認してください。

日本人が用意する書類
・ 独身であることを証明する戸籍謄本
・ 過去、離婚・死別の経験のある人は、そのことを証明する戸籍謄本
を持参して、在ベトナムの日本大使館でベトナム語の婚姻要件具備証明書を発行しても
らいます。
在ベトナムの日本大使館に問い合わせた方がよいです。

手続きの流れや、書類のベトナム語の翻訳認証、健康診断、ベトナム人が用意する書類
につきましては、
ベトナム家族法により行われるので、ベトナムサイドで確認してください。

近年は、下記も認められことがあるようです。
日本人がベトナムへ行き、ベトナムで創設的婚姻手続をするときは、
・独身であることを証明する戸籍謄本
・独身証明書(市区町村役場 又は、法務局戸籍課が発行)
・健康診断書(HIV・性病・精神病ではないという内容)
が必要。
尚、健康診断は、ベトナムの病院でも受けられます。

ベトナムでは挙式を挙げるだけで良い、と思っているのであれば、
区市町村役場戸籍課で、
本人がいなくても、ベトナム本国官憲発行の婚姻要件具備証明書でOKであることを確認
し、

・ベトナム人配偶者
パスポート
出生証明書(日本語訳付)
独身証明書(日本語訳付)
「○年○月○日、出生時から、○年○月○日現在まで、当人民委員会保管の戸籍簿に
 結婚を登録したことがなく、独身であることを証する。
 当文書は、○○○氏との婚姻手続きのために発行する」という文言を入れること。
サインした婚姻届
を用意します。

なお、パスポートはもちろん返却されますし、
出生証明書は希望すれば返却してもらえますが、
独身証明書の、原本は返却不可だと思います。

日本で婚姻届けが完了すれば、
婚姻届記載事項証明書を
外務省で認証
ベトナム大使館で認証
し、ベトナムへ送って、婚姻手続きをします(相手を通じて確認してください)

面倒だな、と思うでしょうが、
日本やベトナム共に、役所によって対応が違う場合は、
確認しながら進めていくことになります。

婚姻手続きが完了しましたら、
入国管理局(2019.4月以降は入国管理庁)へ
「日本人配偶者等」の在留資格認定証明書交付申請の手続きをするので、
戸籍謄本、住民票、住民税課税証明書、住民税納税証明書、
会社員でしたら在職証明書
会社役員でしたら、会社の履歴事項全部証明書(商業登記簿謄本)
自営業でしたら、確定申告書のコピー(課税所得金額になるので、節税している人は要注意!)
お相手のパスポートのコピー、4cmX3cmの写真、結婚証明書、出生証明書
を集めます。
申請書と質問書を記載し、
知り合ってから結婚に至るまでの資料を用意し、
申請します。
(1回しか渡航していない場合は、要注意!)
(相互のコミュニケーションがとれていない、言葉が通じない場合は、要注意!)

認定証明書が交付されたら、
お相手へ送ってあげて、
ベトナムの日本大使館へビザ申請。
ビザが出たら、飛行機に乗り、空港で審査を受け、OKなら入国できます。

  • 国際結婚の基本的な流れ
    「日本人の配偶者等」の在留資格認定証明書の交付や在留資格変更許可を得るために、チェックしておきたいポイント
    国際結婚した外国人配偶者のビザ/在留資格の申請する前にチェックしておきたい16個のポイントを記載しています。
    在留資格認定証明書交付申請の審査の要点
    国際結婚した外国人配偶者のビザ/在留資格を得るために、入国管理局は、どの点に着目しているのか?解説しています。

  • 相談・依頼は? 仕事の相談又は自己紹介へ

  • お問合わせ




  • 【このページのトップへ】 【ホームへ】
    折本 徹 行政書士事務所

    東京都世田谷区宮坂2-22-3
    TEL:03-3439-9097
    FAX:03-3426-7840
    電話での相談は、有料になります
    わかりやすく丁寧にお答えします