TOP
代表的な在留資格 国際結婚 オーバーステイについて 更新時の添付書類 短期滞在について
日本国籍の取得 国際相続 外国人雇用と在留資格 外国人と会社設立 国際交流の在留資格
国際養子縁組 国際離婚 外国人留学生の卒業後の在留資格 外国人雇用コンサルタント
メールマガジン 仕事の依頼&自己紹介 ホームページからの受託実績 ネットで知り合う国際結婚
リンク Q&A 外国人研修生 在留資格医療と介護
お問い合わせ お客様の声 日本人配偶者等申請マニュアル 就労在留資格申請マニュアル
渉外戸籍 外国人社長・役員

−日本人配偶者等申請マニュアル−

現在、日本人の配偶者等申請マニュアルは販売停止しています。
アクセスされた人には、大変申し訳なく思います。

国際結婚
Q&A

当事務所に有料相談(一人、1回、1時間以内、10,000円)された人で、ご希望の場合さしあげます。

入国管理局に提出する質問書の書き方

お問い合わせ


日本人配偶者の視点から見た「やることリスト」

(例)夫が日本人、妻がA国人の場合です。

結婚決定!おめでとうございます!
さて、
[1] 自分と家族の心の準備をしましょう。
   (1) 2人で、これまでの歴史を確認します。
     妻の日本への渡航歴、結婚歴、家族について、2人の出会い、交際のきっかけ、プロポーズ、
     今後の予定などについて、それぞれの日付や場所も正確に確認しましょう。
   ↓
   (2) 両家の家族に、結婚への賛成、協力を頼みます。
     これから行う手続には、書類集め、入管への手紙を書いてもらうなど、家族の協力が大切になります。
   ↓
[2] 創設的婚姻手続をしましょう。(A国で)
   (1)A国へ行く前に、A国での婚姻手続に必要な書類について、
     妻によく調べてもらっておきます。
   ↓
   (2) 夫の本籍地の市役所(区役所、町村役場)で夫の戸籍謄本をとります。
   ↓
   (3) 結婚できます、という証明書(以下、婚姻要件具備証明書)の発行方法を
    在A国の日本大使館のホームページで調べます。
    日本大使館のホームページで「当館で発行します」という記事が
   ・「ある場合」
   →日本大使館で婚姻要件具備証明書を発行してもらいます。
   ・「ない場合」
   →戸籍謄本を持って、最寄りの地方法務局戸籍課へ行き、婚姻要件具備証明書を発行してもらいます。
    その後、外務省で認証してもらい、在日本のA大使館でも認証してもらいます。
    又、妻に調べてもらった結果、婚姻要件具備証明書以外にも必要な書類などがあれば、用意し揃えます。
   ↓
   (4) 結婚手続きをするために、A国に渡航します。
    日本人は見守っているだけ、という状態なので、妻とその家族に、結婚手続きは任せることになります。
   ↓
[3] 報告的婚姻手続をしましょう。(日本で)
   妻の国で創設的婚姻手続きをしたら、次に、日本の市区町村役場で報告的婚姻手続きをします。
   *渡航される前に、提出予定の市区町村役場戸籍課へ行き、婚姻届をもらっておきましょう。
   その際、妻側の必要な書類を聞いておきましょう。
   例えば、日本語訳をした婚姻証書、出生証明書です。
   上記の書類は、一回のみの発行、としている国もあるので、
   原本提示とカラーコピー提出でかまわないか、確認しておきましょう。
   ↓
[4] 在留資格認定証明書を取得しましょう。(日本で)
   婚姻届が受理されましたら、あなたの戸籍謄本に婚姻が記載されるまで、暫く時間がかかります。
   その間、入国管理局へ在留資格認定証明書交付申請するのに必要な書類を用意し、申請書と質問書を書き始めます。
   完成しましたら、お近くの入国管理局へ行き、在留資格認定証明書交付申請をします。
   審査の標準処理期間は、申請してから概ね3ヶ月です。
   在留資格認定証明書の交付ですが、書留にて郵送されます。
   在留資格認定証明書を受け取ったら、妻に知らせてあげてください。
   妻に知らせた後、国際郵便又はFedex等で、在留資格認定証明書をA国にいる妻に送ってあげます。
   ↓
[5] 査証(ビザ)を取得しましょう。(A国で)
   日本からの在留資格認定証明書を受け取った妻は、在A国の日本大使館へ、
   この在留資格認定証明書に基づいたビザを申請することになります。
   (尚、代理申請機関を通しての申請、となっている国もあります)。
   その申請時に必要となる書類を、妻から、在A国の日本大使館へ問い合わさせてください
   (又は、あなたが、在A国の日本大使館のホームページで確認してください)。
   ↓
[6] 妻が日本に入国します!
   (1) 日本大使館からビザをもらえましたら、いよいよ、飛行機に乗り、成田空港などの空港に到着したら、
   入国管理局の審査を受けることになります。
   OKでしたら、入国でき、在留カードが交付されます。
   勿論、空港に迎えに行ってあげましょう。
   ↓
   (2) 入国しましたら、市区町村役場へ連れて行って、住所登録をしましょう。
   幸せな結婚をおくってください。

国際結婚へ戻る
問い合わせ




【このページのトップへ】 【ホームへ】
折本 徹 行政書士事務所

東京都世田谷区宮坂2-22-3
TEL:03-3439-9097
FAX:03-3426-7840
電話での相談は、有料になります
わかりやすく丁寧にお答えします